セカオワ深瀬の絵本『ブルーノ』の内容やあらすじは?

4人組バンド、SEKAI NO OWARIのボーカルのFukase(深瀬)が自身初の絵本「ブルーノ」を10月13日に発刊することが決まりました。

それにともなって、表紙が刊行されたことで話題になりました。
深瀬さんといえば、歌手でありながら
菅田将暉さん主演の映画、「キャラクター」で怪演を見せたり、幅広い活躍を見せていますが

今回は絵本ということで、ファンからすると
驚きが隠せませんね。

表紙についてはすでに公開されていますので
こちらからご覧ください。

表紙

裏面

今回は「ブルーノ」の内容やあらすじ
の予想をしていこうと思います。

『ブルーノ』の内容やあらすじは?

今回のブルーノのあらすじについては簡単にこう書かれています。

物語は、すさまじい嵐に襲われた王国が舞台。娘がけがをし、王様が助けにくるのを信じて待っている村人・タルカスと、どうすれば多くの国民を助けられるか悩み、葛藤する王様、それぞれの視点で描かれ、オモテとウラの両サイドが表紙の絵本(48ページ、21×20センチ)となっている。

王国が舞台とのことで、ぱっと見の印象は
王道のストーリーのように感じますね。

ですがアーティストの中でも一際目立つ存在の深瀬さんですから。通常の王道ストーリーだとは思えません。

あっと驚くような展開を用意しているに違いありませんね。

登場人物は、村人のタルカス。
王様、王様の娘。などはメインで出てきます。

一体どういう展開になるのか想像もつきませんね。
10月13日に発売される絵本を要チェックです。

芸能人の絵本といえば「えんとつ町のプペル」

芸能人の絵本で有名なものでいうと
キンコン西野さんが作った。えんとつ町のプペルですね

この絵本もかなり売れたので
参考にとあらすじを見てみましょう。

崖に囲まれ、えんとつの煙で空が見えない「えんとつ町」。
配達屋が落とした心臓から誕生したゴミ人間。
少年ルビッチと出会い、「プペル」の名をもらう。
プペルが臭いとか汚いとかで周りの人間に嫌われ、二人の間もちょっと疎遠に。
しかし、プペルに誘われ、プペルが膨らませた大量の風船を壊れた漁船にくくりつけて、二人でけむりの上へ行き「星」を見る。

ちょう簡略的ですが、これが絵本の内容になります。
プペルは不遇の扱いを受けていたですが
そこから話を展開していくようなストーリーになっています。

プペルの本の内容も、通常の絵本とは違う展開になっていて
かなり珍しいものになっています。

深瀬さんのようなアーティスティックな方が書いた絵本も、普通の絵本とは違う内容になると思いますので

楽しみに待ちましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です