楽天がスポンサー継続の噂で理由はなぜ?差別選手のペナルティはどうなった?

2019年にバルセロナの選手の所属選手でフランス代表のFWグリーズマンとFWデンベレが日本人を揶揄するビデオが出回ったことで
問題になっている件ですが

これにより、日本の楽天がバルセロナのメインスポンサーであったことが問題になっています。

「日本人を侮辱した選手を許すな!」
という声がある中、スポンサーを継続する見込みがあるとの
ニュースがありました。

その理由はなんなんでしょうか?
また、差別選手のペナルティはどうなったのか、調査しました。

楽天がスポンサー継続の噂で理由はなぜ?

通常であれば、これだけの騒ぎになった
サッカークラブで3年シーズンで今季で契約が切れる
楽天とバルセロナですが、今後も関係は継続していくというのは
一体なぜなんでしょうか?

大人の事情があるのか?
また、スポンサー契約上は問題がないとの判断なのか?

ネットでの声は、

やはり、楽天の対応に納得が言っていない人が多いですね。
バルセロナになめた態度を取られてるというのも間違いないと思います。

通常であれば、こんな動画が発表されたら
楽天の対応としては、契約を解除するか。
選手の2人にペナルティを課すのが当然です。

実際、アンバサダー契約をしていた
コナミは、事件が発覚した1週間で契約を解除しています。

このことから、楽天はバルセロナにコ媚びを売っていると
思われても仕方ないですね。
バルセロナの上層部と楽天の間に何かしらの癒着があることは
間違いなさそうです。

差別選手のグリーズマンとデンベレのペナルティはどうなった?

今回の差別した選手、グリーズマンとデンベレについての
処分もまだ発表されておりません。

当初は、クラブを首になる。
と思われていましたが、まだ首になっていないことから

もしかしたらこのまま選手として継続してくのかもしれません。
フランスでは差別発言はタブーとなっており

現地のフランス人もグリーズマンとデンベレについては
風当たりが強いです。
バルセロナとしては、このまま自体が収束するのを待っているのか?

また、処分を下す気がないのか?

処分の内容に困ってるのか、分かりませんね。
このままペナルティに関することがなければ
大バッシングは避けられないでしょうし
バルセロナと楽天には、早急の対応を願うばかりですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です